ニュースリリース

【パーク24】
認知度No.1のシェアリングサービスは「カーシェア(BtoC)」
さらなる広がりを期待するサービスは「駐車場シェア」

2019年11月08日

 パーク24株式会社(本社:東京都品川区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※1の会員を対象に実施した、「移動に関連するシェアリングサービス」※2のアンケート結果を発表いたします。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
調査結果トピックス
 ① 認知度No.1のサービスは「カーシェア(BtoC)」
 ② シェアリングサービスを知っていても約7割は「使ったことがない」
 ③ さらなる広がりを期待するサービスは「駐車場シェア」39% 昨年より17ポイントアップ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
パーク24は、毎月9日に、クルマの運転や交通に関するアンケートの調査結果を発表しています。
今月の「移動に関するシェアリングサービス」についてのアンケート結果詳細は以下の通りです。

※1 入会金・年会費無料の会員制ポイントプログラム。タイムズパーキングやタイムズカーレンタル、タイムズ
  カーシェアの利用等でポイントがたまる他、会員限定サービス等を提供。会員数約793万人(2019年9月末現
  在)。
  なお、本アンケートは、駐車場やカーシェア、レンタカー等のクルマに関わるサービスを利用した方々を対
  象としたものです。
※2 本リリース内での「シェアリングサービス」とは移動に関連するサービスに限ります。

■調査概要
 調査対象:タイムズクラブ会員
  (2018年6月21日以降に入会し、直近でパーク24グループのサービス※を利用された方)
   ※対象サービス:時間貸駐車場・予約制駐車場・カーシェア・レンタカー
 調査方法:非公開型インターネットアンケート
 調査期間:2019年6月21日~2019年6月26日
 有効回答者数:7,032名
 ※調査結果は、四捨五入による端数処理のため、構成比が100%にならない場合があります。

認知度No.1のシェアリングサービスは「カーシェア(BtoC)」
国内外問わず、知っているシェアリングサービスがある人は85%でした。年代別や男女別で見ても回答結果に違いはありませんでした。
20191108-1.jpg

最も認知度の高いシェアリングサービスは、「カーシェア(BtoC)」89%で、2位の「サイクルシェア」44%を大きく上回っています。3位は「駐車場シェア」39%、4位は「個人間カーシェア」15%、5位は「ライドシェア」15%でした。
全てのサービスにおいて昨年よりも認知度が上がっており、特に「サイクルシェア」と「駐車場シェア」は10ポイント以上上昇しています。

20191108-2.jpg

②シェアリングサービスを知っていても、約7割は「使ったことがない」
知っているシェアリングサービスがある人のうち、使ったことのあるサービスは「カーシェア(BtoC)」18%、「駐車場シェア(借りる側)」11%、「サイクルシェア」6%となりました。
一方、約7割が「使ったことがない」と回答しており、サービスは知っていても、利用まで至っていないことがわかりました。
20191108-3.jpg

③さらなる広がりを期待するサービスは「駐車場シェア」39% 昨年より17ポイントアップ
さらなる広がりを期待するシェアリングサービスは、「駐車場シェア」39%、「カーシェア(BtoC)」38%の順になりました。
全てのサービスにおいて昨年よりも広がりを期待する割合が高まっており、特に駐車場シェアは、昨年の22%から17ポイントアップしています。
20191108-4.jpg

サービスの利用有無別でみると、利用経験がない人は「特にない」が43%で最も多く、1割を下回るサービスもありました。
一方で、各サービスの利用経験がある人は、「駐車場シェア」70%、「カーシェア(BtoC)」68%となっています。最も低い「個人間カーシェア」と「サイクルシェア」においても39%となっており、サービスの広がりを期待する割合が上昇しました。1度でも利用したことがあると、そのサービスの利便性を実感し、サービスの拡大を望む傾向にあるようです。

20191108-5.jpg

さらなる広がりを期待する理由は「便利だから」69%が最も多くなりました。次いで「節約になるから」41%、「移動が楽になるから」36%、「環境に良いから」12%となっています。
サービス別で見ると、「サイクルシェア」は唯一「移動が楽になるから」が「節約になるから」を上回りました。また、「ライドシェア」と「サイクルシェア」は、「環境に良いから」が他のサービスよりも高く、2割を超えました。

20191108-6.jpg


 今回のアンケート結果から、移動に関わるシェアリングサービスの認知度は昨年よりも高まっているものの、サービスを知っていても「使ったことがない」人がまだ多くいることがわかりました。一方で、シェアリングサービスを利用した人は、その利便性や節約の効果を実感し、サービスのさらなる拡大を望んでいることが伺えます。
 パーク24グループが提供するカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」の会員の方々に入会のきっかけを聞くと、「近くにカーシェアリングのステーションができたから」が最も多くなっています。
 シェアリングサービスの浸透には、「身近にある」ことが1つのポイントになるようです。
 パーク24グループは、「タイムズカーシェア」および予約制駐車場「B」の拠点数拡大に努め、多くの方にシェアリングサービスをミヂカに感じていただくとともに、「使いたい時」に「使いたい場所」でご利用いただける環境を整備してまいります。