ニュースリリース

【パーク24】高いと感じるガソリン価格は「140円以上」が4割
7割は、ガソリン価格によるクルマの利用回数に「変化なし」

2019年09月09日

パーク24株式会社(本社:東京都品川区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「ガソリン価格」に関するアンケート結果を発表いたします。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
調査結果トピックス
① 高いと感じるガソリン価格は「140円以上/L」が4割
② ガソリン価格によるクルマの利用回数は「変わらない」が7割
③ ガソリン価格が高騰したら、4人に1人は「ハイブリッド車」の購入を検討
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
パーク24は、毎月9日に、クルマの運転や交通に関するアンケートの調査結果を発表しています。
今月の「ガソリン価格」についてのアンケート結果詳細は以下の通りです。

  1. 入会金・年会費無料の会員制ポイントプログラム。タイムズパーキングやタイムズカーレンタル、タイムズ
    カーシェアの利用等でポイントがたまる他、会員限定サービス等を提供。会員数約779万人(2019年7月末現在)。
  2. 本アンケートは、駐車場やカーシェア、レンタカー等のクルマに関わるサービスを利用した方々を対象としたものです。

高いと感じるガソリン価格は「140円以上/L」が4割

高いと感じるレギュラーガソリン価格は、「140円以上/L」が40%で最多となりました。以降、「130円以上/L」22%、「150円以上/L」20%、「120円以上/L」12%の順となっています。
過去3回最も多かった「130円以上/L」が、昨年より21ポイント低くなりました。
2017年12月から現在に至るまで店頭小売価格※が140円を切ることがなく、2018年10月には、160円になっています。2年弱、「140円以上/L」が続いていることから、「130円以上/L」を「高い」と感じる人が減少していると考えられます。
※出典:経済産業省 資源エネルギー庁 給油所小売価格調査(ガソリン)

20190909-1.png


クルマの所有状況別にみると、所有者が高いと感じるガソリン価格は「140円以上/L」40%、「130円以上/L」22%、「150円以上/L」19%の順でした。
一方、非所有者は、「140円以上/L」36%、「150円以上/L」28%、「130円以上/L」17%となっており、「150円以上/L」は、所有者よりも9ポイント高くなっています。
「160円以上/L」「170円以上/L」と回答した割合も非所有者の方が高く、ガソリン価格に対する感覚に違いがみられました。
20190909-2.png

ガソリン価格によるクルマの利用回数は「変わらない」が7割

ガソリン価格によってクルマの利用回数が、「変わらない」「気にしない」と回答した人は73%で、前回よりも6ポイント増加しました。

20190909-3.png

クルマの所有状況別では、所有者は「変わらない」が67%であったのに対し、非所有者は43%で、24ポイント低くなりました。「気にしない」は19%で所有者よりも12ポイント高くなっています。
非所有者は利用料金にガソリン代が含まれるカーシェアリングを利用している可能性があるため、ガソリン価格を「気にしない」割合が高くなっていると考えられます。

20190909-4.png

ガソリン価格が高騰したら、4人に1人は「ハイブリッド車」の購入を検討

ガソリン価格が高騰した場合、エコカーの購入を検討するかを聞いたところ、「特に検討しない」が45%で昨年よりも8ポイント増加しました。
一方、24%が「ハイブリッド車」、18%が「今より燃費の良いガソリン車」、6%が「電気自動車」の購入を検討すると回答しており、購入検討する人が「特に検討しない」を上回っています。
今回の結果は、2017年とほぼ同じ内容となりました。2017年のアンケート実施前には、「平成29年度自動車局税制改正要望結果」の「車体課税の見直し」により、エコカー減税の対象車を縮小することが発表され、今回は10月に消費増税が控えています。
その他のコメントに「燃費や車体価格など総合的に判断する」、「ガソリン代だけを理由にはしない」といった声があり、ランニングコストだけではなく、クルマにかかる費用全体を考慮し購入検討する傾向にあるようです。

20190909-5.png

 ガソリン価格に関するアンケートを開始した2016年から昨年2018年までの3年間、高いと感じるレギュラーガソリン価格のトップは「130円以上/L」でしたが、今回、初めて「140円以上/L」が最多となりました。
 7割は、クルマの利用にガソリン価格は影響しないと回答していますが、ガソリン価格が高騰すると、今よりも燃費の良いクルマに買い替えを検討する人もいるようです。
 カーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」では、低燃費仕様の車種を複数ご用意しています。クルマの買い替えの検討にあたり、各メーカーの様々なクルマの乗り心地を試したい方は、利用料にガソリン代が含まれる、カーシェアリングを活用されてみてはいかがでしょうか。

■調査概要
調査対象:タイムズクラブ会員
  (2018年6月21日以降に入会し、直近でパーク24グループのサービス※を利用された方)
   ※対象サービス:時間貸駐車場・予約制駐車場・カーシェア・レンタカー
調査方法:非公開型インターネットアンケート
調査期間:2019年6月21日~2019年6月26日
有効回答者数:7,032名
※調査結果は、四捨五入による端数処理のため、構成比が100%にならない場合があります。