ニュースリリース

【タイムズモビリティネットワークス】 タイムズカーレンタルの外国語サイトを使いやすくリニューアル! 業界大手初の「事前カード決済」対応など予約・検索の機能を強化!

2019年04月01日

タイムズモビリティネットワークス株式会社(本社:広島県広島市、社長:川崎計介、以下「タイムズモビリティネットワークス」)は、レンタカー予約の外国語サイトにおいて、より簡単に、よりスムーズにご利用いただけるよう、予約・検索の機能強化と対応言語の細分化を行い、4月1日(月)よりリニューアルいたしました。

 当社が運営するレンタカーサービス「タイムズカーレンタル」では、拡大するインバウンド需要に対し、海外からのお客様向けに様々な取り組みを進めてまいりました。オフィシャルWebサイトの対応言語拡大、およびスマートフォンへの対応、サポートセンターを介した10カ国語での電話通訳24時間化、日本の交通ルールや交通標記を説明したパンフレットの配布など、快適なサービスの提供に取り組んでいます。


 現在、外国語サイトは3カ国語(英語、韓国語、中国語(繁体字))で展開しており、レンタカーの予約・検索機能に加えて、日本各地の観光情報や日本の交通ルールなども掲載しています。


 今後は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催も控えており、訪日外国人のさらなる増加が予想されます。より多くの海外からのお客様に、より簡単に、よりスムーズにレンタカーをご利用いただけるよう、予約・検索の機能を強化するとともに、対応言語を使用言語に合わせて細分化いたしました。


■リニューアル概要
20190401-1

 このたびのリニューアルによって、日本の土地勘がなく、日本車にあまり詳しくない海外からのお客様でも、今まで以上に簡単に予約ができるようになり、「タイムズカーレンタル」をさらにスムーズにご利用いただけるものと考えております。


 タイムズモビリティネットワークスは、今後も国内外を問わず、海外からのお客様にも快適なサービスをお届けできるよう、オフィシャルWebサイトのユーザビリティ向上に努めてまいります。


■リニューアル後の外国語サイト
▽トップページ
20190401-2

▽予約画面(車両情報・料金比較)

20190401-3