ニュースリリース

【パーク24】年頭所感

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

昨年を振り返りますと、企業収益や雇用環境の改善に加え、政府・日銀による各種政策効果の下支えにより、緩やかな回復基調をたどりました。円安を要因とした物価上昇や消費増税後の回復の遅れにより弱含みで推移していた個人消費につきましても、次第に底打ちの動きがみられるようになりました。

 

当社グループは、収益性の高い駐車場の新規開発を推進するため、地域に密着した営業活動を継続深耕するとともに、お客様の利便性向上のため、駐車場・カーシェアリング・レンタカーといったグループサービスの融合などに努めた結果、2期ぶりに増収増益となりました。

 

また、既存サービスの拡充および新サービス創出に向け、コンビニエンスストアやカーメーカーといった異業種企業との提携・連携にも積極的に取り組みました。

 

2016年につきましては、消費者の生活防衛意識が根強いことや中国経済の先行き不透明感などはあるものの、企業の景況感、雇用環境の回復を受け、景気全体は緩やかな回復傾向が継続するものと思われます。

当社グループは、事業開始から25年目を迎え、その数が15,000件/500,000台を超えた駐車場事業、車両台数約39,000台となったモビリティ事業双方の規模拡大を図るとともに、鉄道をはじめとする他の交通機関との連携を強化するなど、サービスの更なる充実に取り組みます。約8,100万のドライバーの皆さまが、ストレスなく移動できるよう「必要な場所で、必要なときにクルマをとめられる/借りられる」環境整備を推進してまいります。

 

パーク24グループは、引き続き、ドライバーの皆さまに安心・安全を提供し、「快適なクルマ社会」の実現に取り組んでまいります。

 

本年も皆さまの一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申しあげます。

 

― お問合せ先 ―

パーク24株式会社 企画管理本部グループ企画部(広報)

電話:03-3213-8910 Eメール:pr@park24.co.jp ホームページ:http://www.park24.co.jp/