ニュースリリース

【パーク24】運転中の眠気で危険を感じた人は8割!
~「最長運転時間」平均は約6時間~

パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※1の会員を対象に実施した、「長時間運転と眠気」についてのアンケート結果を発表いたします。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
調査結果トピックス
①    眠気により危険を感じたことがある81%
②    運転中に眠気を感じた時にとる行動は「休む」「何か食べる」「ドリンク剤を飲む」
③    連続運転の最長時間の平均は「約6時間」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

パーク24は、毎月9日に、クルマの運転や交通に関するアンケートの調査結果を発表しています。今月の「長時間運転と眠気」についてのアンケート結果詳細は以下の通りです。

 

①眠気により危険を感じたことがある81%  
クルマの運転中、眠気により危険を感じたことがある人は81%に上ることが分かりました。
運転頻度別にみると、毎日運転する人は84%、月に1~2回程度しか運転をしない人でも76%の人が眠気による危険を感じており、運転頻度に関係なく、眠気による危険を感じていることが分かります。
 

 

②運転中に眠気を感じた時に取る行動は「休む」が76%
眠気を感じた時には、76%の人が「休む」と答えており、次いで「何か食べる」が37%、以降「ドリンク剤を飲む」24%、「同乗者と会話する」が23%となっています。
20140909-2

 

「その他」の中には、「歌う、大声を出す」や「窓を開ける、室温を下げる」「体をたたく、動かす」など、体に直接的な刺激を与える回答が多くみられました。

 

 ③連続運転の最長時間は平均約6時間
連続運転の最長時間は、平均で約6時間という結果となりました。
最も多かったのは3時間の20%で、3時間~6時間が全体の6割を占めています。
アンケートの回答で最も長い連続運転時間は48時間で、12時間以上連続運転の経験がある人は5%でした。

 

警察庁の発表では、平成25年度の過労運転※2による事故件数は395件※に上っています。
また、科学警察研究所は、長時間運転は疲労の原因となり、難しい運転だけでなく、単調すぎる運転も疲労を増すことがあるため、疲れを感じる前(1~2時間ごと)に休憩することが疲労防止になると考えられる※※、と発表しています。
(出典:※警視庁交通局 平成25年度中の交通事故の発生状況、※※科学警察研究所 長時間運転による疲労に関する研究)

長時間運転の際は、無理に運転を続けず、こまめな休憩を取り事故防止に努めましょう。

 

 ■調査概要
 調査対象:タイムズクラブ会員(2014年1月1日以降に入会した、直近のタイムズ駐車場利用者)
 調査方法:非公開型インターネットアンケート
 調査期間:2014年7月9日~7月13日
 有効回答者数:6,200名

 

※1 入会金・年会費無料の会員制ポイントプログラム。タイムズ駐車場やタイムズカープラスの利用等でポイントがたまる他、会員限定サービス等を提供。会員数約500万人(2014年7月末現在)
※2 過労運転とは・・・道路交通法  第四章 運転者及び使用者の義務  第一節 運転者の義務(過労運転等の禁止)による


 

【会社概要】
パーク24株式会社は、時間貸駐車場「タイムズ」を代表とした駐車場事業の他、レンタカーサービス「タイムズカーレンタル」やカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」等のモビリティ事業を展開する、交通インフラサービス企業です。


毎年8月9日「駐車場(パーク)の日」に、路上駐車ゼロを目指し、啓発活動と寄付活動を実施しています。

 

― お問合せ先 ―
パーク24株式会社 経営企画本部グループ企画部(広報) 野澤・小田原・杉山・渡邉
電話:03-3213-8910 Eメール:pr@park24.co.jp