ニュースリリース

【パーク24株式会社】車番認識カメラと診察カードを連動した最新のシステムを導入
~『タイムズ済生会吹田病院』をオープン~

時間貸駐車場『タイムズ』を運営するパーク24株式会社(4666 東京都品川区 代表:西川光一)は、大阪府済生会吹田病院と駐車場管理委託契約を締結し、吹田病院の駐車場を、本日より新たに「タイムズ済生会吹田病院」としてオープンいたしました。「タイムズ済生会吹田病院」は、自動車のナンバープレートを読み取る車番認識カメラと診察カードを連動した最新のシステムを導入した24時間駐車場です。

大阪府済生会吹田病院は「やすらぎの医療」を理念に、24時間体制の救急センターをはじめ、画像診断機器、放射線治療機器など数々の最新設備を誇る総合病院です。すでに電子カルテシステムを本年1月より稼動させ、IT化による診療支援体制の確立等、インフラ整備が進んでおります。今回、吹田病院は、駐車場においてもお客様の快適性、利便性を高めるため、パーク24と駐車場管理委託契約を締結、パーク24は吹田病院の要望に応えるべく、最新のシステムを導入し、24時間営業の駐車場といたしました。


■車番認識カメラと診察カードを連動した最新のシステム


1. 自動車の入庫時に車番認識カメラでナンバープレートを読み取ります。
2. 駐車場システムで駐車券をナンバープレートと関連づけておきます。
3. 患者様は診察を受けます。
4. 診察後、駐車料金の事前精算機に診察カードと駐車券を挿入します。
5. その診察カードの受診記録を病院システムに照会します。
6. 受診確認(受診の有無)により駐車料金を識別し、精算確認後、駐車場システムへ   その駐車券の出庫許可を送ります。
7. 駐車券に関連づいているナンバープレートの出庫許可を駐車場システムから出庫ゲートに送ります。
8. 患者様の車が出庫ゲートに近づくとゲートが自動的に開き、簡単に出庫することができます。

本システム導入によって患者様は、出庫ゲートで料金精算など一切せず、スムーズに出庫ゲートを通過することができ、雨天時でも左ハンドルでも快適に出庫できます。さらに大阪府済生会吹田病院にとっても、患者様の優待を明確化することができ、快適性、利便性を高めることができます。また救急車などの救急車両や納品車両、タクシーは車番認識カメラにより自動識別され、自動的にゲートが開閉し入出庫できるようになっています。

今後もパーク24は、「人とクルマと街と、」を企業スローガンに、駐車場を通したより良い街づくりの一翼を担うことを企業の社会的責任として、30余年にわたる駐車場専業企業として培った運営・企画力を活かし、業態に合わせた質の高いサービスを提供してまいります。

040929_PR

■物件概要
[物件名称]
タイムズ済生会吹田病院
[所在地]
大阪府吹田市川園町1番2号
[駐車台数]
170台
[オープン日]
2004年9月29日(水)

※写真: 車番認識カメラ(左)と 駐車券発券機(中央)

以上

※ お問合せ先
パーク24株式会社 
経営企画室
佐々木・斉藤
Tel 03-3495-5313