ニュースリリース

【パーク24株式会社】タイムズ事業用資産の譲渡を実施
パーク24 駐車場資産の流動化!

全国で5,278ヶ所・82,310台(平成16年6月現在)の時間貸駐車場『タイムズ』を展開する駐車場運営最大手のパーク24株式会社(4666 東京都品川区 代表:西川光一)が、メリルリンチ日本証券株式会社アレンジのもと、現在保有しているタイムズ事業用資産(約 24億円)を流動化いたしましたのでお知らせいたします。今回の流動化は、平成15年9月に実施したタイムズ事業資産の流動化スキームに載せ、追加で譲渡したものです。


■概要


1. 固定資産の譲渡
(1) 譲渡の内容
当社は、平成15年9月30日に実行した流動化スキーム【設定された期間内(追加貸出期間・2年間)に当社所有タイムズ事業用資産の信託受益権を国内SPCに追加で譲渡することが可能なスキーム・上限150億円】に則り、タイムズ事業用資産を、三菱信託銀行株式会社に不動産信託し、その信託受益権を追加譲渡するものであります。
(2) 資産譲渡後の運営管理
資産譲渡後、当社は三菱信託銀行株式会社とマスターリース契約を締結し、引き続きタイムズ事業運営を行ってまいります。
(3) 受益権譲渡先及び借入人
有限会社 ティー・ピー・エフ・ツー・リミテッド (国内SPC)
(4) 譲渡日
平成16年7月30日

2. 譲渡の目的
当社が運営するタイムズは、事業用地の97%が土地オーナー様から賃貸借により調達しているため、用地確保の資金調達が少ないというメリットがある一方で、賃貸借契約解約によるタイムズの減少リスクが存在します。その中で、タイムズ事業用地を購入し資産の流動化(オフバランス)を行う、SPCタイムズ事業を推進することで、小資本での事業経営を維持しつつ、タイムズ用地確保のバリエーションの拡充と事業リスクである解約リスクの低減を図っております。

3. 譲渡資産の内容
(1) 物件
タイムズ道頓堀1丁目を含めた事業用資産3物件
(2) 譲渡価格
2,476,853 千円

4. 業績への影響
上記による業績見通しの修正はありません。

以上

※ お問合せ先
パーク24株式会社 
経営企画室
佐々木・野澤 
Tel 03-3495-5313