ニュースリリース

【パーク24株式会社】パーク24 葛飾区直営の駐車場 (亀有パーキングリリオ) で 利用向上を目指した駐車場サービスの提供を開始!

この度、24時間無人時間貸駐車場『タイムズ』を全国展開する駐車場運営最大手のパーク24株式会社(4666東京都品川区 代表:西川清)が、葛飾区と同区所有の公営駐車場"亀有パーキングリリオ"の利用率向上を目的に利用促進業務委託契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。


背景・ねらい


葛飾区では、葛飾区が直接所有する「亀有パーキングリリオ」を区民ニーズに応え、より使いやすい駐車場を目指し、昨年4月より民間事業者による業務委託の導入を決定しており、本年4月に、パーク24が管理業務を受託いたしました。
「亀有パーキングリリオ」 は、JR亀有駅前に位置する自走式の駐車場ビル(地上9階建て、390台収容)で、更なる駐車場利用率の向上、収益力の向上が見込めることから、パーク24は葛飾区に対し、利用促進に関する提案を行い、管理業務のほかに利用促進業務を行うための、利用促進業務委託契約を本日締結いたしました。行政が直接所有する駐車場で利用促進(収益力の向上)を目的に民間事業者と本格的に契約を締結するのは今回のケースが初めてとなります。
利用促進業務委託契約は、パーク24が葛飾区の所有する駐車場“亀有パーキングリリオ”の利用促進のためのコンサルティングや広告宣伝を行い、回数券販売等の利用者のニーズにあわせた駐車場サービスを提供することにより利用率の向上を図っていくもので、これらの活動により一定基準を超えて得られた収益を、パーク24と葛飾区が分配する仕組みとなっております。
この取り組みにより、葛飾区では管理費の削減に加え、民間の駐車場専門事業者が管理することによるサービスレベルの向上、利用促進による収益増等が見込めます。また、パーク24ではこのスキームの実現により行政が直接運営する駐車場へのアプローチ(取り込み)が可能となりました。

「人々にとって安全で、クルマにとって便利な、街にとって環境に優しい車社会へ・・・」 パーク24は、快適な車社会の実現に向け、駐車場のネットワーク化とサービスレベルの統一化を目指します。

以上