ニュースリリース

【パーク24株式会社】行政所有の未利用地活用策として 「タイムズ駐車場」

~ 平成12年5月2日付日本経済新聞 ~

この度、時間貸し駐車場『タイムズ』を運営する駐車場運営最大手のパーク24株式会社(4666 東京都品川区 社長:西川 清)が、板橋区の保有する未利用地の暫定活用策として時間貸し駐車場を提案。平成12年4月1日よりタイムズ駐車場としてオープンいたしましたのでお知らせいたします。


概要


営業開始日 :平成12年4月1日
物件詳細  :


所在地 料金体系 収容
台数
タイムズ高島平
第5
東京都板橋区高島平1-68 8:00~22:00 20分100円
22:00~8:00 60分100円
6台
タイムズ高島平
第6
東京都板橋区高島平2-1 8:00~22:00 20分100円
22:00~8:00 60分100円
7台

背景・ねらい


平成11年7月のPFI法案成立を機に、従来は行政が保有しており事業開発が不可能であった公共用地への“民間企業の参入”が実現され始めました。この様な状況の下、板橋区役所では、更地のまま管理していた土地について、『厳しい財政状況の中で、このまま放置しておくことは好ましくない』との判断から自動車駐車場の運営を検討。入札となりました。当社は5カ所の候補地のうち、事業性の見込める2カ所を『タイムズ駐車場』として提案。この度のオープンとなりました。国の保有する市街地における未利用地は、全国で1億坪とも言われております。当社はこの様な大きな市場に着目し、慢性的な駐車場不足や路上駐車による交通渋滞等の問題解消等公共性の高い事業として、未利用地のタイムズ化を、PFI事業の活用のみならず、今回のような、活用方法検討中の土地の暫定活用として、一時賃貸借契約でのタイムズ事業等、様々な角度から提案営業を行ってまいります。

掲載記事(抜粋) 区所有の未利用地―有償で民間に貸与―板橋区
掲載日:00/05/02
媒体:日本経済新聞

地方経済面東京都板橋区は区所有の五カ所の未利用地を民間の駐車場管理会社に有償で貸与した。年間約八百万円の賃料収入が入るうえ、民間の負担で五十一台分の駐車場を整備した。区所有の未利用地を民間に有償貸与するのは同区初の試みで、今後は利用状況などを見極め、他の未利用地にも広げていく方針だ。

貸与したのは高島平地区などにある計約千三百平方メートル。これまで同区は駅周辺などの未利用地を駐輪場などに活用していたが、設備投資が必要なうえ、利用者も少ないなど問題が多かった。今回の駐車場の舗装やフェンス設置などの経費は事業者が負担した。

以上