多様な働き方の推進

ワークライフバランスの推進

フレックスタイム制や、変形労働制、シフト勤務など、仕事に合わせた柔軟な勤務形態を採用しています。また、個人の事情に合わせて短時間勤務が選択できたり、1時間単位で取得できる有給休暇制度を設けるなど、仕事とプライベートを両立できる仕組みづくりに努めています。

ライフステージに合わせた働き方の選択

社員が、全域型と地域型を選択できる制度を導入しています。また、失効する有給休暇を積み立てて、特別な事情の際に利用できるストック休暇制度を設けています。ライフステージや人生設計に合わせて様々な働き方を選択することができる仕組みづくりに努めています。