健康経営の推進

私たちの健康寿命が延び、人生100年時代が目前に迫っています。
事業者は、生涯現役を前提とした経済社会システムの再構築が事業に求められています。

パーク24グループにおいても、これまで時代の変化に即応し、幅広い年代の社員が心身ともに健康なまま退職を迎えられるよう、労働環境整備を進めて参りました。
今後、さらに社員とその家族の健康保持増進がグループの経営戦略上で重要課題となることを鑑み、グループ全体の持続的な成長に健康経営の視点を取り入れることが不可欠であると考えるに至りました。

健康経営宣言

パーク24グループは、「時代に応える、時代を先取る快適さを実現する」というグループ理念の基、グループ全体が持続的な成長を続けるために、社員一人ひとりの経験値やノウハウを高め、その能力を存分に発揮できる環境構築の一環として、社員とその家族に対し、健康を保持増進できる環境を提供します。
健康の保持増進により、社員一人ひとりが満ち足りて、継続的に生産性高く、いきいきと仕事に打ち込めることを目指すとともに、社員の健康および安全に関する法令を遵守し、心身の健康と安全を経営戦略上の重要課題として、働きやすい職場環境づくりを推進します。

2020年3月

目標数値

  1. 1)健康に対する意識向上
    • (1)健康教育年度内受講率100%
    • (2)安全衛生関連イベント年度内 延べ参加者数5,000人超
  2. 2)健康リスク者の最小化
    • (1)精密検査受診率75%以上
    • (2)グループ社員喫煙率20%以下
    • (3)女性社員の女性特有のがん(乳がん・子宮がん)検診受診率60%以上

体制

健康経営責任者のもと、グループ各社横断プロジェクトチームとして「健康経営推進チーム」を組織し、各事業場に健康経営推進者を置くことで、健康経営施策の実施効果を高められる体制づくりを行っております。
各健康保険組合の施策についても連携を取り、コラボヘルスの実施をしております。

「健康経営優良法人」への選定

パーク24グループの健康経営に向けた取り組みが評価され、グループのうちパーク24(株)を含む7社が健康経営優良法人2020に選出されました。

関連するSDGs

人々に保健と福祉を