ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

ニュースリリース

【パーク24】日本初!道路上にカーシェアリングステーションを設置し、道路空間を活用したカーシェアリングの社会実験に参加

パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、2016年12月20日(火)より、国土交通省が実施する「道路空間を活用したカーシェアリング社会実験」に参加いたします。

 

 本社会実験は、国土交通省が地下鉄駅に近接した箇所に道路上のカーシェアリングステーションを設置し、公共交通とカーシェアリングの連携強化による、公共交通の利用促進の可能性を検証するために実施するものです。

 業務等の利用者が多い地下鉄大手町駅の出入り口に近接し、乗り換え利便性の高い国道1号の道路上にいわゆる小型モビリティによるカーシェアリング用のステーションを設置し、道路上におけるカーシェアリングの有用性の分析・検証を行います。

 

 道路上にカーシェアリングのステーションを設置するのは、国内初の試みとなります。

 

 パーク24は、2009年にカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を開始し、ミヂカでベンリな移動手段とするべく、車両数及び展開エリアの拡大に取り組んでいます。加えて、カーシェアリングの利便性向上の可能性を探るため、様々な社会実験・実証実験に参画してまいりました。

 

 2015年4月からは、超小型EVによるワンウェイトリップ方式のシェアリングサービスの実証実験「Times Car PLUS × Ha:mo」を東京都内で実施しています。東京都心部(千代田区・中央区・江東区など)を中心に車両約60台、79のステーションで展開しており、近距離の移動手段として、公共交通利用後の移動手段として多くの方にご利用いただいています。本社会実験で設置された路上ステーションは、「Times Car PLUS × Ha:mo」の1ステーションとして運用します。12月15日(木)には、新たに9カ所のステーションがオープンすることから、社会実験スタート時には89のステーションへの移動が可能となります。

 通常のカーシェリング(ラウンドトリップ方式)とは異なる、目的地近くのステーションで車両を返却できるワンウェイトリップ方式のステーションを、ビジネス街の道路上に設置することにより、カーシェアリングの有用性はさらに高まるものと考えております。

 

 パーク24は、「タイムズカープラス」を通じて様々な機関と社会実験等を行うとともに、公共交通と連携しやすい場所へのカーシェアリング車両の配備を進め、ストレスのない移動が可能な「快適なクルマ社会の実現」に向けて取り組んでまいります。

 

【社会実験概要】

  実施期間   2016年12月20日(火)12時~2017年12月下旬(予定)
  実施箇所   東京都千代田区丸の内1丁目 国道1号の道路上
  運営車両   COMS、i-ROAD(道路運送車両法で定める第一種原動機付自転車)
  運営方法   ワンウェイトリップ方式
  運営主体
  道路空間を活用したカーシェアリング社会実験協議会
  (国交省、東京都、千代田区、警視庁、有識者、地元代表者、パーク24)

 

 

【補足資料】

 

 

― お問い合わせ先 ―

パーク24株式会社 企画管理本部グループ企画部(広報) 小田原・杉山・渡邉・小沼

電話:03-3213-8910 Eメール:pr@park24.co.jp ホームページ:http://www.park24.co.jp/

ページの先頭に戻る